HOME » オーダーカーテンの基礎知識 » オーダーカーテンのAフックBフックの違い

オーダーカーテンのAフックBフックの違い

カーテンをオーダーする際に、フックの位置、Aフック、Bフックのどちらかを選択します。選択を間違えますと、開け閉めがしづらくなってしまうケースもあります。

AフックBフックの違い

フックについてそれぞれどういった特徴、形状を指すものかをご説明いたします。

フックの素材(アジャスト機能のあるフック)について

フックはカーテンをカーテンレールに掛ける際に使用するもので、その多くは現在プラスティック(FRP強化プラスティック)です。金属フックと大きく違うところはフックのツメ部分が可動し、カーテンの長さを調整(アジャスト)することが出来ることにあります。

この調整機能がついているフックを「アジャスターフック」と呼んでいます。

また、オーダーカーテンでは、カーテンの山の隙間に差込む「差込み式」と、カーテン生地に直接ミシンで縫いつける「縫込みフック」があります。

カーテンに直接縫い付ける縫込みフックは、フックの紛失を防ぎ、カーテンの山の部分がしっかりと立ち、綺麗なドレープが出るという利点もありますが、実際は破損した時に気軽に差し替えができる差込フックの方が多く出回っているようです。

通常はオーダーカーテン、既製サイズカーテン双方とも、購入時に附属品としてついてきますので、別途買い求めなくてもいいようになっています。

Aフックと指定する場合

Aフックと指定してもBフックと指定しても、使用するフックは共通のものです。ツメ部分を調整(アジャスト)することによってAフックにもBフックにもなるのです。

カーテンをオーダーする際に、カーテンの高さ(丈)はカーテンを掛けるリングの下からのサイズを測り決定します。指定された高さに対して縫製工場では、Aフックの場合その寸法より1cm上部に高く(長く)製作します。

もし高さ200㎝でカーテンをオーダーし、Aフックと指定しますとカーテンそのものの長さは201㎝になります。この丈を「総丈(そうたけ)」と呼びます。

Aフック指定でカーテンを仕立てた場合、カーテンはレールに接触しませんので滑りが良く、カーテンを脇に寄せたときも綺麗に蛇腹状に畳むことが出来ます。カーテンレールがボックスタイプになっている、あるいは木製やアイアンレールなど装飾性の高いレースの場合はAフックと指定します。

Bフックと指定する場合

カーテンレールに接触しないAフックに対してBフックは、指定高さが200㎝の場合プラス4㎝上部カーテンを立ち上げて製作します。カーテンそのものの高さ(総丈)は204㎝になり、その上部4㎝の生地でカーテンレールを覆うようになります。

Bフックにする目的は上部からの光り漏れを防ぎ保温性をつことや、レールを隠して装飾性を高めることにあります。

カーテンボックスなど、カーテンレールが天井や梁(ハリ)に直接付いている場合にBフックにしてしまうと、カーテンが天井に当たってしまい開閉しづらくなりますので、正確に指定する必要があります。

アジャスターフックでの調整について

一般的にカーテンフックの長さは75mm、90mmの2種類が多く出回っています。カーテンの上部折り返し(芯地)の長さにより使い分ける必要あります。既製サイズカーテン、イージーオーダーカーテン縫製の場合で75mm、オーダーカーテン縫製の場合で90mmを使用される場合が多く、それぞれフックのツメの可動調整範囲が変わります。

90mmのアジャスタフックで下記の可動範囲があります。

Aフックの場合で カーテンの生地を下に0.5~1cm、上に0.5cm~4cm

Bフックの場合で カーテンの生地を下に0.5cm~4cm、上に0.5cm~1cm

ただし、アジャスターで2㎝以上調整するとカーテンがレールの溝に入り引っかかりやすくなったり、フックがカーテン上部から見えてしまったりしますので、なるべくその機能は使わないで済むようにますは正確に採寸することが重要です。

フックによって仕上がりサイズが変わる?

オーダーする時のカーテンの指定高さは全国共通で、カーテンレールのリング下(カン下)からのサイズになります。先述のようにAフックで+1cm、Bフックで+4cm、カーテンの総丈(実際に仕上がってくる長さ)は変わりますが、A、Bはリングより上の立ち上げ部分を指定することになるだけで、オーダーで指定するカーテンの丈、高さに変わりありません。正確にリング下(カン下)を計測すれば、フック指定の間違いでカーテンが短かったり、長かったりすることはありません。

AフックBフックはカーテンの形状で決まります。

Aフック、Bフックは使用するカーテンレールによって決まってきます。カーテンオーダー時にはレールの形状を確認する必要があります。同じ窓でもカーテンとレースでフックが代わります。下図をご参照くださいませ。

レール形状によるフックの取り付け方

あなたにおすすめのカーテンショップは?