HOME » オーダーカーテンの基礎知識 » ミラーレースとは?

ミラーレースとは?

レースカーテンの1つに、ミラーレースと呼ばれるものがあります。最近はよく見かけるようになりましたし、使う人も増えています。ミラーレースとはどのようなレースカーテンなのか、そして使い勝手がいいものなのか、特徴をご紹介します。

ミラーレースカーテンとは?

ミラーレースは、外から見た場合に部屋の中が見えにくくなる、というレースカーテンのことです。ミラー効果を使っているため、ミラーレースと言われています。仕組みとしては、レースカーテンに特殊な糸を混ぜて織り、それが表面を鏡のように反射させて、中を見えにくくしています。特殊な糸というのは、光を反射させる、屈折させるといった効果がある糸です。

まだまだある、ミラーレースカーテンの効果

UVカット

太陽の光を反射させているので、内側には紫外線が入りづらくなります。カーテンがブロックしてくれているような状態ですね。紫外線は室内にいても入り込んで日焼けしてしまうといわれています。家の中にいるときまでしっかり日焼け対策をするのは大変ですが、ミラーレースカーテンなら気軽にUVカットができますね。

遮熱性

光を反射させることで、もう一つメリットがあります。それは熱を通さないということです。熱が室内に入り込むと、かなり熱くなって室温が上がります。夏場はもちろんですが、実は冬も締め切った状態で室内に光が入り込むと、室温が上がってしまうでしょう。快適に過ごすためにも、熱を遮ってくれるカーテンが必要ですね。ミラーレースカーテンは光とともに熱も遮ってくれるから、室温を一定に保ちやすくなります。 特に日差しがきつく差し込む夕方はミラーレースカーテンがあると助かりますね。

ミラーレースって夜は透けるの?

昼間は太陽の光を反射させることで、ミラー効果が期待できますよね。しかし、夜になるとどうでしょうか。太陽が沈んでしまったので光を反射させることができません。その場合は、できるだけ織りを細かくすることによって、夜でも透けにくい状態をキープすることができるでしょう。夜はカーテンを閉めてしまうから昼だけミラー効果があればいい…という人には夜の機能は関係ないかもしれませんが、夜もレースカーテンだけにしたいというご家庭は、夜も透けにくいものを選びたいですね。

こんなご家庭におすすめ!

外からの視線が入りやすい

立地的に、外からの視線がどうしても入りやすい場合は、ミラーレースがおすすめです。外からの視線が気になって生活をすることは、とてもストレスですよね。だからといって、ずっとカーテンを閉めたままで生活するのもつらいです。ミラーレースにすることで、カーテンを開けても外からの視線が気にならなくなり、快適に過ごすことができるでしょう。

レースカーテンもできるだけ厚めのものがいい

レースカーテンというと、薄手で柔らかい素材のものが多いですよね。でも、ミラーレースに関しては厚めのものが多いです。ちゃんと反射させることができるカーテンじゃないといけないので、自然と織り方は密になっていって、レースカーテンでも厚くなります。レースカーテンも厚めがいいご家庭にもぴったりではないでしょうか。

似ているけど違う、ミラーレースと遮像カーテン

どちらもカーテンの先が見えにくいように作られているカーテンですが、ミラーレースは光を使って反射させるもの、遮像カーテンは元から透けにくいようにしっかりと織り込んで、レースの先を見えにくくするものです。どちらも外からの視線を遮るためには有効です。ただし、内側からも見えにくい状態になることが多いので、その点は少し不便かもしれません。 人の視線を気にせず過ごすために、どちらかを選んで取り付けましょう。

あなたにおすすめのカーテンショップは?