HOME » なにをお探しですか?オーダーカーテンの選び方

なにをお探しですか?オーダーカーテンの選び方

サイト管理人のイメージイラスト

みなさま、こんにちは。当サイトへようこそ。ここは、オーダーカーテンの魅力や選び方について、業界に携わって20年になる専門家が指南しているサイトです。

このカテゴリは、各ご家庭がお住まいのご自宅、そして抱えていらっしゃるお悩みに合ったカーテンの機能やデザインを紹介しています。わたくしが実際に店舗スタッフをしていた際、多かった質問を元に解説を準備しましたので、きっと参考になると思いますよ。

また、当サイトでは管理人おすすめのカーテンショップも紹介しています。オーダーカーテンの購入を検討されている方は、ぜひご参考になさってください。

お住まいから選ぶ

戸建て、マンションへのお引越しや、リフォームで壁紙ごと替えたい、カーテンだけお掛け替えをしたいなど、お住まいの家や利用シーンによって、ご提案できるカーテンはさまざまございます。

次のページでは、戸建てやマンションといったお客様がお住まいのご自宅や、リフォーム・お掛け替えなどのシーンごとに、よりオーダーカーテンを楽しんでいただくための知識をお伝えいたします。初めてオーダーカーテンを購入される方はもちろん、2回目以降の方もぜひご覧ください。

お悩みから選ぶ

窓が大きくて合うカーテンが見つからないとお悩みのお客様に、私は多くお会いしてきました。しかし、大きな窓だからこそ映えるのがオーダーカーテン。良い購入方法を提案いたします。

また、それ以外にも窓に関するお悩みを持つ方は多いと思います。隣の窓が近く、視線が気になる…。西日がまぶしいから遮光機能のあるカーテンがほしい…。外からの騒音がうるさい…。そのお悩みも、オーダーカーテンで解決できるかもしれません。

持っている家具から選ぶ

オーダーカーテンを購入する際、そもそもどんなデザインのものが良いのかお悩みになる方も多いと思います。次のページでは、その一案として、皆さまが持っていらっしゃる家具のテイストに合ったカラーやデザインをご提案いたします。

オーダーカーテンを検討されている方は、ぜひ一度参考にしてください。

オーダーカーテン選びのポイント

オーダーカーテンを選ぶ際には、以下の点を押さえるようにします。

デザインや柄

カーテンなどのファブリック製品を選ぶ際には、デザインや柄ひとつで部屋の雰囲気が変わってしまうので、色柄には特に注意したいところです。 カーテンがインテリアにマッチしているか、部屋の雰囲気を損ねないかどうかなどを総合的に判断するようにしましょう。
部屋のさし色として自分の好みの色柄をチョイスしても良いですし、家具や家電と調和させて同じ色に統一することもできます。

機能

カーテンには「遮光」「保温」など、さまざまな機能を持つものがあります。遮光カーテンは外からの直射日光を遮る役割があり、保温カーテンには室内の温度をキープする節電効果が期待できます。 遮光カーテンは強い日差しが入るお部屋に向いており、エアコンや暖房などを頻繁に使う季節には、保温機能を持つカーテンがおすすめです。

スタイル

カーテンの「スタイル」とは、一般的な布地のカーテンの他に、小窓などに向くシェードカーテンやキッチン用のカフェカーテンなど、さまざまな形状のことを指します。 ロールカーテン、ブラインド、ハトメカーテン、パネルカーテンなど、窓やインテリアに合わせて最適な製品を選ぶことができますので、ぜひスタイルにもこだわってみてください。 窓のサイズや形状に適したスタイルのカーテンを選ぶと、インテリアがきれいに調和しますよ。

オーダーカーテン選ぶ際の注意点

オーダーカーテンを選ぶ際の注意点を以下にまとめました。

薄さに注意

カーテンにはそれぞれ機能やデザインなどがあり、多種多様なデザインが揃っています。 インテリアの一部として見た目を重視して購入したいところですが、カーテンが薄すぎると遮熱性や耐久性に影響を及ぼす可能性もあるため、何度も洗って使う場合や、しっかりと室内を保温したい場所には、適度な厚みを持つものを選びたいところです。

実物との色味や質感の違いに注意

インターネット上や通販カタログなどからオーダーする時に特に注意したいポイントです。例えば、「グリーンと信じて買ったところが、実物は青みがかっていて想像と違った」など、微妙に色味が異なる場合があります。
質感についても同様で、部屋のイメージに合わないものを間違ってオーダーしないように、実物との違いに注意が必要です。 できれば実物を手に取って見比べるなどしてから購入することをおすすめします。

採寸に注意

オーダーカーテンの専門店などは、1cm刻みなど、細かくサイズをオーダーできるサービスがあります。 このような便利なサービスを利用する場合、あらかじめ正しく採寸をしておかなければ、間違えて短い(長い)カーテンをオーダーしてしまう可能性も。 自分で寸法を測る自信がない場合には、採寸サービスなどを利用しておくと安心です。

価格に注意

オーダーカーテンはサイズやデザインなど、好みのカーテンをオーダーできるサービスです。そのため、市販品のカーテンよりも割高になりやすく、特に輸入品のカーテンは国産品よりも高くなる場合があります。 1cm刻みでオーダーをする場合、寸法ごとにカーテンの価格も少しずつ変わってきますので、3で紹介した通り、正しく採寸をする必要があります。

事前に大体の予算を設定しておき、そこから出ない範囲でカーテンをオーダーするのも一つの方法ですね。 インターネットなどからオーダーカーテンを申し込みする際は、事前に問い合わせをしてカーテンのサイズと料金をチェックしておくか、メールなどで大まかな価格を聞いておくと良いでしょう。

あなたにおすすめのカーテンショップは?