マンション

マンションのイラスト

このページでは、マンションに多くある窓に対してオーダーカーテンを選ぶときの注意点などを特集しています。

デザイン性の高い新築マンションのインテリアも、素敵なオーダーカーテンで快適な住まいをつくりましょう。

マンションの窓の特徴について

近年、強化ガラスの出現により新築マンションの開口部である窓は大きくなっています。採光を十分にとって「光」が溢れるリビングにしましょう。

マンションの窓は大きく、その形はさまざま

マンションの間取りによって、窓の形も様ざまになりました。サッシの枠が窓の中央に無いケースや、L字コーナーがあったり、カーテンレールがカーブしていたりと「カーテンをどう付けたら良いのだろう?」と、迷ってしまうようです。

多くのケースで既製品カーテンでは間に合わず、マンションオプション販売会でオーダーカーテンを勧められ、初めてカーテンをオーダーする必要性をお知りになる方もいます。

マンションの窓には雨戸がないことがほとんど

通常、一戸建てにはついている雨戸が、マンションにはついていないことが多いです。日当たりや階数など立地環境によって、遮光や遮熱、保温機能など機能性の高いカーテン生地を検討されることもおすすめします。

パターンも色々、変形窓のバリーション

「マンションの大きな窓」の多いパターンを下図イラストにして見ました。FIX窓は「はめ殺し窓」とも言い、出入りの出来ないガラス窓になっています。

様々なパターンのマンション窓イメージ画像

上記のような窓にカーテンを掛ける際に、よくいただくご質問を下記にまとめました。ご参考いただけたらと思います。

床から窓が上がっているケース

窓が床から10cm以上上がっているケースがあります。これは大雨等でテラスが冠水した時に窓から室内への浸水を防ぐために設計されているのですが、こういった窓ではカーテンの丈をどこまでにするかのご質問を多くいただきます。

床から窓が上がっている場合のカーテン参考画像

上図左のようにカーテンの丈を窓の高さまでにすると、カーテンの下より光漏れや冷気や暖気が入ってきます。またせっかくオーダーで製作されても、サイズが合わない、縮んでしまったような印象になることも否めません。

カーテンの丈を床までにすることによって、遮光性、遮熱性が高まり、冷暖房の効率もよくなります。また、視覚効果で落着いた印象にもなります。

窓のサッシ枠が中央にないケース

窓のサッシ枠が中央にない場合に、カーテンをどこから分けたら良いのかというご質問を多くいただきます。サッシ枠とは、1枚の窓を囲う枠のこと。下図のように窓ガラスの大きさの比率が1:1ではないというケーズも多くあります。

窓のサッシ枠が中央にない参考画像

サッシ枠が中央ではないケースで、その窓の比率の通りにカーテンの大きさを分割した場合、日中、カーテンを束ねているときは、上の図のように、窓の大きい左側に溜まるカーテンが太くなり左右のバランスが悪くなります。

見た目の印象としては左右のボリュームが同等、左右対称のシンメトリーになっている方が見た目に安定感が出ますので、サッシの枠に囚われることなく、左右均等に2分割をすることをおすすめします。

高さが違う窓が隣接しているケース

間取りの関係で、高さが違う窓が隣接している場合もあります。

高さが違う窓が隣接している参考画像

上の図のように、窓のセンターにカーテンが溜まりますと、採光を妨げ、カーテン自体も陽に焼けやすくもなります。左右に引き分けてしまったほうが、開放感が出て、窓辺を広々と見せる効果が期待できます。

また、腰窓の下にソファや家具など設置のご計画が無い場合は、カーテンを床まで下げてしまったほうがバランスもよく、保温性も高まりお勧めです。

ただし、カーテン1枚の大きさがご家庭の洗濯機に入らないほどになるようでしたら、分割で製作しておき、日中はカーテンを片側に寄せてしまうということもできます。

新築マンション内覧会は専門店スタッフが同行して採寸してくれる!

ご新築のマンションでは、ご入居前のオプション販売会でカーテンを紹介されるケースがあります。

おすすめとしては、内覧会で実際に部屋を見てから、具体的にスタイルや生地を絞ってゆっくりご検討されることです。

その際に、カーテン専門店に依頼をすれば専門スタッフが内覧に同行し、カーテンレールの採寸やスタイル、生地の相談にも乗ってくれます。内覧会時は時間の制約があり、他の内装のチェックなどがあってとても忙しいので、カーテンについては専門家にお任せしてしまうことをお勧めします。

当サイトでは、おすすめカーテンショップも紹介しているので、お近く地域にお住まいの際はご相談されてみてください。

あなたにおすすめのカーテンショップは?