戸建て

戸建てのイメージイラスト

このページでは、一戸建ての窓にはどんなカーテンを付けたらいいのかを、業界に携わって20年になる専門家である管理人が指南いたします。

新しい戸建てでの暮らしはワクワクしますよね。お部屋をより素敵な空間にコーディネートするため、ぜひ以下の情報をご選考にしてください。

まずはチェック!戸建ての窓の特徴

新築のカーテンを考える前に、まずはお部屋の窓について確認します。戸建てとマンションでは窓に大きな違いがあるのをご存知ですか?一緒に見ていきましょう。

戸建てはカーテンレールの取り付けが必要

新築一戸建ての場合、窓にカーテンレールが付いていないことがほとんど。カーテンと一緒にレールの購入も必要だというわけですね。

ちなみに、オーダーカーテンのプランニングをする際、窓に取り付けるレールの位置も考えると、より空間遊びが楽しくなります。たとえば、以下の画像をご覧ください。

カーテンレールの位置のちがい

こちらのお写真、左右どちらとも窓の位置や大きさは同じです。しかし、カーテンレールの取り付け位置を変えたことで、全く違う印象を見せてくれます。

左の窓はリビング向けの掛け方

天井に近い位置にレールと取り付け、カーテンボックスをかぶせています。高いところからカーテンを下げることで天井が高く感じられ、空間を広々と演出することができるのです。明るくて華やかなイメージになるので、家族が集まるリビングなどに向いているでしょう。

右の窓は寝室向きの掛け方

窓枠の上にレールをつけています。その上にかぶさっているのはカーテンボックスではなく、カーテンと共生地の幕がついているのです。これにより、遮光性や保温性が増します。左に比べると、カーテンの掛ける位置が低いため、落ち着いた雰囲気が演出できるので、寝室に向いていますね。

デザイン性の高い窓の設置が多い一戸建て

また戸建ては、上げ下げ窓、スリット窓などを中心に、デザイン性を重視された窓が設置されることが多いです。ですのでカーテンを検討する際は、そのお部屋の目的や環境、窓の種類を再確認し、どんな空間にしたいかをカーテンコーディネートの専門家に相談してみるのもベストな方法だと思いますよ。

戸建てオーダーカーテン費用コスト削減のポイント

一戸建てのお宅でオーダーカーテンを注文する際には、窓の大きさや室内のインテリアに合わせて最適なカーテンを仕立ててもらうことができます。 その際に注意しておきたいのが、費用(コスト)の問題です。ここでは費用削減の際のポイントについてまとめています。

デザインを重視しすぎると高くつく可能性がある

オーダーカーテンは比較的自由が利くため、理想を追い求めすぎるとコストがかかってしまう可能性があります。 カーテンの大きさ、質感、機能、ブランドなど、それぞれの製品の価格を決めるポイントはいくつもありますが、品質の良いものばかりを揃えてしまうと結果として予算をオーバーする可能性があります。

デザインを重視しすぎず、「必要最小限の機能」をまず押さえておき、そこから少しずつ予算内に収まるようにカーテンをチョイスしていくことをおすすめします。

高級感を追求しすぎない

一戸建ての場合、憧れの住まいを追求するために高級感のあるカーテンを選ぶ方が少なくありません。 しかし高級なカーテンの中には、市販の安いカーテンに比べて手入れが大変であったり、耐久性や遮光性など後から欲しくなる機能を備えていないものもあります。

後から買って後悔しないためにも、高くつくカーテンをはじめから選ばずに、まずは部屋全体のイメージを思い描き、そこに見合う内容のカーテンを探すようにしたいところです。

価格交渉は複数が基本

カーテンをオーダーする際には、1社ではなく2社以上の工務店などに依頼するようにしましょう。 取り付け代金、手数料などさまざまな価格をトータルして、その金額を比較してから値引き交渉を行います。価格交渉までを行ったら、2社以上を比較して安い方を選ぶようにします。 メーカーや工務店によっては値引きをしてくれたり、窓の数などによって割り引いてくれる場合がありますので、できるだけサービス精神の旺盛な依頼先を見つけたいところです。

戸建てオーダーカーテンのメリット・デメリット

戸建てオーダーカーテンにおいては、市販品にはないメリットとデメリットがあります。

メリット

まずメリットとしては、家の中の全体を見渡して、それぞれの窓にふさわしいカーテンをオーダーできるということです。後からカーテンを買い足したり、買い替えたりする必要がないため、一度に必要なものがすべて揃います。
オーダーカーテンの場合、採寸から生地選び、最適な色柄のチョイスまですべてをスムーズに行うことができます。 生地を多めに使用しているカーテンについては、たっぷりとしたウェーブ感が出るため、部屋を美しく見せることも可能です。

また、メーカーや工務店によっては、カーテンレールの取り付けも同時に行ってくれます。カーテンの購入とカーテンレールの取り付けを一度に行うことができるので、手作業でカーテンレールを取り付ける手間がかかりません。

デメリット

デメリットとしては、一般のカーテンに比べてオーダーカーテンは価格が割高であるということです。ネット販売などのように、薄利多売を主としているカーテンに比べると、ほとんど定価で売られているものも少なくありません。 相場としては、4窓程度で20万円前後となりますので、市販品を買った方が圧倒的に安く済みます。

住宅を建てた建設会社などにオーダーカーテンを依頼する場合、照明器具や壁紙などと合わせて見積もりを出されるため、カーテンだけ個別に依頼するという自由がききづらく、結果的に割高になってしまう可能性があります。 このような不便さも、オーダーカーテンならではのデメリットと言えるでしょう。オーダーカーテンを考える際には、メリットだけではなくデメリットについても事前にしっかりと理解をしておきたいところです。

あなたにおすすめのカーテンショップは?