リフォーム

リフォームのイメージイラスト

このページでは、リフォームをする際に考えたいオーダーカーテンについて、カーテン業界に携わって20年の専門家である管理人が指南いたします。

日本のインテリアでは、圧倒的に白い壁紙が多いと言われていますが、カーテンにこだわれば白い壁紙もキャンパスに早変わり。また、思い切って壁紙の色や素材を変更する場合だって、多彩なカーテンは壁紙を引き立てる役割に回ってくれることもあるのです。ぜひ、こだわったカーテンをオーダーしてみませんか?

チェック!窓周辺リフォームのご提案

リフォームといっても、窓の大きさを変更する大掛かりな作業を行なうご家庭はごく一部。しかし、窓の大きさを変えなくても、窓を使ってお部屋の雰囲気を変更できるカーテンの設置方法があるんです。以下の画像をご覧ください。

カーテンレールの位置のちがい

上記画像、左右のお部屋の窓は、どちらも同じ大きさです。左側の窓は、天井のすぐ下にカーテンレールを設置し、長いカーテンを掛けてあります。窓が大きな印象になりますので、リビングなど広々とした空間におすすめな設置方法です。

右側の窓は、現状の窓の大きさを活かした設置方法。窓枠のすぐ上にカーテンレールを取り付けています。レールの上にかぶせているのは、実はカーテンボックスではなく、立て掛けているカーテンと同じ生地の幕。寝室向けに、遮光性や保温性が優れた生地を使っていますから、ボックスよりも高い機能の発揮が期待できるのです。

白以外の壁紙に合うカーテン事例

冒頭でも日本人のインテリアは白い壁紙が主流だとお話しました。しかし、これまでわたくしがコーディネートしたご家庭の中には、壁紙を思い切って青やピンク色など、一見奇抜に思われがちなカラーに変更された方も多くいらっしゃいました。

それらは、カーテンや家具を上手く利用することで、とてもラグジュアリーな空間に変身するのです。実際のご家庭のお写真をここには掲載できませんが、ネット上で公開されていたインテリアに、ピンク色や青色の壁紙をおしゃれにコーディネートした事例がありましたので、引用させていただきました。

ピンク色の壁紙インテリア事例
画像引用元:All Star Mattred and Furniture(https://www.houzz.jp/photos/living-room?irs=US)

こちらは、ピンク色の壁紙のお部屋ですね。カーテンも家具もすべてベージュ系に揃えているから、とてもラグジュアリーな空間に感じます。明るい壁紙を、上品で落ち着いたカーテンや家具で落ち着かせた素敵な事例だと思います。

何色が合うかわからない…そんな時は専門家に相談!

リフォームをしたのに、壁紙が白いままでお部屋の雰囲気チェンジが微妙に感じる…。リフォームで壁紙の色を変えたら、チーフな空間になってしまった…。そんなときは、インテリアに詳しい専門家に相談しましょう。

家具だけでなく、カーテンを立て掛けるだけでも充分空間まとまりますよ。当サイトでは、わたくしがおすすめするオーダーカーテン専門ショップを紹介していますので、ぜひご参考ください。

あなたにおすすめのカーテンショップは?