HOME » なにをお探しですか?オーダーカーテンの選び方 » オーダーカーテンサイズの測り方

オーダーカーテンサイズの測り方

既製品のカーテン、もしくはオーダーカーテンを購入する際、どちらにもカーテンのサイズというものが必要になります。

サイズなんて誰でも測れると思っている人が多いでしょうが、実はこのカーテンサイズの測り方を知らないという人が結構多かったりするのです。

例えば

といった測り方をする人がいるでしょうが、これは全て間違った測り方をしているのです。

そんな間違いをしないためにも、正しいオーダーカーテンの測り方というのをここでは紹介していきます。

注意すべき点

オーダーカーテンの測り方を紹介する前に、いくつか注意すべき点があります。

まず、オーダーカーテンを測るためには「カーテンレール」がなければなりません。カーテンのサイズは窓の大きさを基準に測るもではなく、カーテンをつけるカーテンレールを基準にして図るのです。ですので、カーテンレールがついていない窓にはカーテンそのものをつけることができないということです。

それと、サイズを測る際に歪みやたるみが出ないように、金属製のメジャーを使って測るのがいいかと思われます。また、カーテンのサイズを測る専門カーテンメジャーというのもありますので、これを使えばスムーズにサイズを測ることができます。

オーダーカーテンの測り方

カーテンの幅サイズの測り方

カーテンの幅サイズは、カーテンレールの端についているランナー止まりからランナー止まりまでのサイズを測ります。

まず、カーテンレールには「機能レール」と「装飾レール」があり、それぞれの測り方も違ってきますので注意が必要です。

「機能レール」に関してなのですが、こちらは賃貸のマンションなどについていることが多く、レールの端のキャップについているランナー止まりの真ん中からランナー止まりの真ん中までのサイズを測ります。ですので、カーテンレールの端から端までを測るというのは間違った測り方になります。

次に「装飾レール」に関してなのですが、こちらは木やアイアン製のものが非常に多く、一番外側の動かせないランナーから反対側の動かせないランナーまでのサイズを測ります。また、ランナーもリング式でわかりづらいので注意が必要です。

といったように、こちらの測り方で算出された幅サイズから、注文するオーダーカーテンの幅が決まります。

注文するときの幅サイズは、「1.5倍ヒダ」や「2倍ヒダ」のカーテンの場合、算出されたサイズ×1.5となります。ちなみに、カーテンの幅サイズは、上記の測り方で算出されたサイズ×1.1ぐらいまでなら問題はありませんが、算出されたサイズ×1.03よりも短くなってしまうと閉じ目に隙間ができてしまい、太陽の光が入ってしまう恐れがあります。ですので、太陽の光を遮断させるような「遮光カーテン」にする場合は特に注意が必要です。

また、ヒダのない「フラットカーテン」にする際は、算出されたサイズ×1.3が丁度いいかと思われます。

カーテンの開き方によっても違う

一般的なカーテンには、「両開き」と「片開き」の2つのパターンがあります。

両開きカーテンの場合、上記で算出されたサイズに従い、「両開き用」もしくは「片開き用」のセットで購入することになります。

注文する場合は、サイズの半分を2枚購入するというのが一般的ですので、オーダーカーテンを注文する際は上記で算出されたサイズを購入するのか、その半分を2枚購入するのか前もって決めておく必要があるのです。

カーテンの丈サイズの測り方

カーテンの丈サイズの測り方は、上記でも説明した幅サイズの測り方で使ったランナー止まりの輪の下から測りはじめ、窓枠下のカーテンが必要な長さまでを測ります。ちなみに、レールの底面からの長さを測る測り方や、レールの上面からの長さを測る測り方は間違いですので注意が必要です。

後、カーテンのきちんとした丈サイズは、窓の種類や注文するカーテンの種類によって変わってきます。

「掃き出し窓」は、ランナー止まりの輪の下から床までのサイズを測り、その測り方で算出されたサイズ-1センチメートルが注文する本当のサイズとなります。「掃き出し窓」のような床につくカーテンの場合、上記で算出されたサイズをそのまま購入するとカーテンが床に擦れてしまい、ほこりが溜まり見栄えもよくないので注意が必要です。

次に、「腰窓」の場合はランナー止まりの輪の下から窓枠下までのサイズを測り、その測り方で算出されたサイズ+15~20センチメートルが注文する本当のサイズとなります。どうしてここまで長くするかと言えば、窓から斜めに入ってくる太陽の光を遮ることができるからです。ただ、腰窓のすぐ下に家具など物を置いている場合、上記で算出されたサイズよりも長めにとってしまうと家具などにかかってしまう恐れがあります。これは本人次第にもなりますが、このように家具などにカーテンがかかりたくないと思うのであれば、その分の長さもきちんと考慮して注文をしなければなりません。

また、「レースカーテン」を同時に注文する場合は、注文したカーテンサイズよりも1~2センチメートルほど丈を短くした方がいいでしょう。そうすることで注文したオーダーカーテンの内側にきれいに納まることができます。

この時も、メジャーが歪んだりたるんだりしないように気を付けて測らなければなりません。

フックの確認

ここまではカーテンの測り方についてご紹介していきました。最後に、フックの確認をしたいと思います。

カーテンをつけるフックには、装飾レールをあえて見せることを好む人がいます。後、天井付けのレールで、カーテン上部が天井に引っかからないようにするためのフックや、カーテンを上げて機能レールを隠したり光の漏れを防ぐ正面付けのフックなどがあります。

ちなみに、一般的に売られている既製カーテンは、後者の正面付けのフックが多いです。既製カーテンの中でも、形状記憶加工してあるカーテンにはよりヒダの形状が美しく見えるように、前者の天井に引っかからないようにするためのフックを用いる場合もあるようです。

オーダーカーテンの場合、フックに関しては自分で選ばなければなりません。このフックの違いによってカーテンの布の仕上がりの丈サイズが若干違ってきます。しかし、ほとんどの場合はお店側がきちんと考慮して計算しているため、注文する際は上記の測り方で算出されたサイズを記入すれば何の問題もありません。

オーダーカーテンの測り方まとめ

といったように、オーダーカーテンの測り方にはいくつかの算出方法があり、とても間違いやすく複雑でもあるのです。カーテンのサイズを間違えるとお部屋の見栄えも悪く、長くなった場合にはゴミやホコリがたまる原因にもなります。

正しいカーテンサイズの測り方を知っておくだけで、お部屋にぴったりなカーテンをつけることができ、より快適な日々を送ることができることでしょう。

あなたにおすすめのカーテンショップは?

30代の転職事例|転職サイトEXPO