窓が大きい

大きな窓イメージイラスト

このページでは、大きなお窓におすすめのスタイルをアイテム別にご紹介しています。それぞれ特徴を持ったアイテムを、お部屋の立地条件やインテリアプランに合わせてお選びになられることをお勧めします。

大きい窓だからこそ、アイテム選びを慎重に

大きなお窓をどうするかで、お部屋の印象が大きく変わります。ここでは一般の左右に開く(両開き)カーテン以外に、上下に昇降するシェード、アルミ製や木製のブラインド、コンパクトなロールスクリーン、縦のルーバーラインがスタイリッシュな縦型ブラインドなど、それぞれのアイテムを特徴と共にご紹介します。

大きな窓をカーテンのデザインで生かす

大きなお窓にはショップですぐ手に入る既製品のカーテンでは間に合わず、オーダーで特別にあつらえるケースがほとんどです。いざオーダーをするとなると購入金額もはりますし、一度作ったらなかなか替えられるものではないので、どんなカーテンをつけたら良いのか、デザイン選びに迷うところだと思います。そんな時、まずは窓の装飾をインテリア全体の主役とするか脇役とするかで、生地の色、デザインを考えていくと選びやすくなると思います。

インテリアの主役は大きなテーブル、ソファ、絵画とした場合、脇役であるカーテンは壁や家具にとけこむホワイト、オフホワイト、ベージュ系の色合いで抑えた色調にすると空間も広く感じます。同じ茶系でもブラウンなど濃い色は見た目に重たくもなりますので、壁(白)に対する窓の面積も考慮します。一般に床から天井に向かって色は薄くしていくと、空間が広く感じると言われています。

大きな窓のイメージ画像1

また逆に、大胆にデザインされた大柄、素敵なお花柄、特徴のある生地でカーテンを主役にするのも大きな窓を生かした装飾になりとっても素敵です。印象の強さ新鮮さと、圧倒的な存在感が空間の余裕となり、ゆったりと時間が流れるように感じるようです。

大きな窓のイメージ画像2

上下に昇降するシェードカーテンがお勧め!

大きな窓のカーテンは日中、カーテンを引き分けた時に、左右に溜まるカーテンに生地も太く、ボリューム感が出てしまいます。スッキリした窓辺作りには上下昇降のシェードカーテンがお勧めです。

大きな窓のイメージ画像3

シェードカーテンとは、昇降機を使い、生地を蛇腹状にパタパタ畳み上げ、降ろしたときは生地がスクリーン(幕)状になるスタイルです。

このスタイルの特徴は、左右に開くカーテンに対し生地を窓の上部に上げてしまうので、窓辺空間がすっきり明るくなります。また差し込む日差しが熱い、眩しいといった場合に、生地を窓の途中まで生地を降ろして遮光し熱射は遮る一方で、明るさは取り入れるといったことができるので機能的にも優れています。シェードカーテンはお好きなカーテン生地で作ることができ、取り外してお洗濯も出来ます。

シェードカーテンには、プレーンスタイル、シャープスタイル、バルーンスタイルなど装飾性の高いスタイルもあり、ホテルなどでも多く用いられています。

同じリビング空間でも窓によってカーテンとシェードカーテンを使い分けるなどそれぞれの特徴を生かしたスタイルで楽しむことが出来ます。

大きな窓のイメージ画像4

その他のスタイル(ブラインド・ロールスクリーンなど)

カーテン、シェード以外のアイテムとして人気の高いアイテムをご紹介いたします。

ブラインド

ブラインドのイメージ画像

アルミ製や、木製のブラインドをオフィスやショップで見かけられることも多いと思います。一般に横型ブラインド(ベネシャンブラインド)はスラット(羽根)の角度を調整することで光の入り具合を調節します。スラットは上下昇降もできます。ブラインドは現在ではスラットに非常に柔軟性があり折れにくく、また光色触媒で汚れがつき難い種類が出ているなと、従来の問題点を解決した商品のものが出ています。コード紐や棒状のポールで操作し、高窓や水周りなどでも多く使用されます。

また、天然木を使用した木製はデザイン性も高く、高級感もあるのでリビングや寝室におすすめです。家具や床の色と組み合わせることで統一感、落ち着き感が生まれます。

縦型ブラインド

縦型ブラインドのイメージ画像

縦型ブラインドで垂直に吊るしたルーバー(羽根)を回転させ調光するものです。ルーバーは窓の中央から引き分ける両開きのほかに、右側(左側)から開けていくこともできるので、テラスに出るなど出入りの多い窓などはサッと開けられるので便利です。

スラットの色、柄、幅にも種類があり、お好みの色でストライプにするなど個性を生かした装飾も楽しいアイテムです。レースの生地を間に入っているものもあります。

ロールスクリーン

ロールスクリーンのイメージ画像

ロールスクリーンは大きく分けて昇降機の中に内蔵されたスプリングで巻き取りロールに生地を巻きつけ上げるタイプとチェーン操作でロールを回転させ生地を巻き上げるタイプがあります。1枚のスクリーン状の生地で窓を覆うのでシンプルであることと、上部に巻き上げたときもコンパクトに収納されます。そのため窓のみならず、部屋の間仕切りやリビングとキッチン、階段との仕切りなどにも多く利用されています。

オーダーの際は専門家の意見をぜひ参考に。

窓装飾はデザインのみならずそのアイテムの機能を生かす意味でもとでも重要です。オーダーしてから「あー失敗」というのが一番残念。

お部屋の使用目的や窓の立地条件によっても、さまざまあるアイテムの中から最適なものを選択するために、ぜひ専門家の意見を参考にされてみてください。

下部から、目的にあったショップ選びができるよう、ご紹介しています。ぜひご覧になってください。

あなたにおすすめのカーテンショップは?