HOME » オーダーカーテンにまつわるFAQ » 節電カーテンはオーダーカーテンがよい?

節電カーテンはオーダーカーテンがよい?

節電カーテンって?

節電カーテンとは、電気料金を節電できる可能性のあるカーテンのことです。特に夏と冬に活躍します。夏は暑くてクーラーを使いますし、冬は寒くて暖房を使いますよね。最近は省エネになってきているとはいえ、それでも電気代が心配です。使わない状態よりも、使っているほうが電気代はかかりますので、快適に過ごそうとすればするほど、電気代は高くなってしまうでしょう。

そういった電気代の心配なご家庭の味方となってくれるのが、節電カーテンです。カーテンを変えるだけで節電の期待ができます。

節電カーテンの効果

外からの熱を遮る・内側の冷気を逃がさない

主に夏に感じられる効果ですね。夏は外の温度がとても高く、熱気が室内に入り込んできてしまいます。温度が高くなってしまった室内の温度を下げるのがクーラーですよね。クーラーには設定温度があり、その温度を保とうとします。外からの熱気がどんどん室内に入ってくると、クーラーはどうでしょうか?温度が一定に保たれていれば、それほどパワーを使う必要はありません。でも、熱気が入ってくると温度は一定に保つことができなくなります。温度を下げるためにパワーを使うので、常に電気代を消費している状態になるでしょう。

その無駄な電気代をカットするのが、節電カーテンの効果です。

外からの冷気を遮る・内側の熱を逃がさない

こちらは冬に感じられる効果です。冬のすきま風、感じた経験はありませんか?最近の住宅はかなり密閉性が高いですが、完全密閉になると酸素までなくなるので、少しの隙間は必要です。冬は外の温度が冷えているので、その隙間から入ってくる風が気になるでしょう。

せっかく部屋を暖房で温めていても、冷気が入ってきていれば温度が安定しません。夏の場合と同じで、温度を保とうとして暖房が頑張ってしまい、その分電気代がかかってしまう、という仕組みです。カーテンで風を極力避けることができれば、暖房の稼働も少しで良くなります。

ただし、冬場は節電カーテンで完全に風が防げるわけではないので、気を付けてくださいね。

節電カーテンと普通のカーテンはどれぐらい違うの?

節電カーテンによる電気料金の変化に関しては、家の広さなどによっても差があるので、ここでは普通のカーテンとの違いでご紹介します。節電カーテンを使うことで、室内と室外、おおよそ5℃程度の差が出ると言われていますね。体感としてはかなり違うので、十分節電効果は期待できるでしょう。普通のカーテンでもないよりはマシですが、やはり節電カーテンのほうが実力は高いですね。

実はレースカーテンも大事!

節電カーテンで特に意識してほしいのは、レースカーテンです。通常はレースカーテンの上に、本来のカーテンを使うご家庭が多いはず。レースカーテンがないと、熱気や冷気がカーテン1枚を通して部屋に入ってくることになります。本来なら、レースカーテンである程度ブロックすることができます。レースカーテンと2層にすることで、いきなり熱気や冷気が入り込むのを避ける、という役割があるのです。

レースカーテンも節電カーテンには大事なので、できればセットで購入しておきたいですね。

節電カーテンに潜む実力

遮光性

節電カーテンは、厚めの生地になっていることから、遮光性も十分あります。光を遮りながら節電もできるカーテンとして、遮光性の性能もいい節電カーテンをおすすめします。

防音性

遮光性と同様に、厚めの生地だからこそ感じられる防音性も兼ね備えています。大きな音を出す側でも、外で出される側でも、防音性はしっかりと感じられるでしょう。

節電カーテンの正しい選び方

性能をちゃんと確かめる

節電カーテンといっても、どれほどの実力があるかはわかりません。節電できるからと購入したのに、つけてみたら全然効果が感じられなかった…では困ってしまいますよね。節電カーテンとして買うなら、節電効果がしっかり感じられるものでなくては、購入した意味がなくなってしまいます。

窓に合わせたサイズを測っておく

カーテンはどんな機能のものでも同じですが、サイズが少しでも違うと、本来の効果を発揮できません。節電カーテンも同様ですね。幅が足りない、長さが足りない…となってしまえば、せっかく防げる熱や冷気が入り込みやすくなります。足りないのはダメだけど、サイズが大きいものならいいのか…というと、そういうわけでもありません。節電カーテンの場合、カーテンを余らせて窓とカーテンの間に隙間ができると、そこに冷気や熱が溜まりやすくなります。ピッタリサイズを探しましょう。

隙間から差し込む冷気は発生する?

熱はカーテンを閉めておけば、節電効果がそれほど高くないカーテンだとしても、ある程度は防ぐことができます。でも冷気はどうでしょうか?外から寒さがやってきて、隙間から室内に入り込んでしまうでしょう。防ぐためにはピッタリサイズを…ということになりますが、カーテンはピッタリサイズを選んでも、ある程度隙間は空いてしまいます。その分節電カーテンでも冷気を感じる可能性はあるでしょう。

既製カーテンとオーダーカーテンの違いとは?

既製カーテンというのは、店頭で販売されていて、サイズがすでに指定されているものです。自宅の窓のサイズに合わせて購入するだけですし、大量生産もしているので手に入りやすいでしょう。ではオーダーカーテンはどうかというと、サイズは自分で指定可能で、素材や柄なども選べるお店もあります。自分の好みに合わせてカーテンをカスタマイズ出来るのが、オーダーカーテンですね。

既製カーテン、オーダーカーテンを比較して考えてみよう

価格

価格に関しては、カーテンを購入したことがある人は知っているでしょうが、既製カーテンのほうがうんとお手頃です。製造する側がサイズを決めて布を裁断したり縫ったり出来るので、手間がとても少ないためです。大量に同じカーテンを作れるので、製造する段階でコストがかなり抑えられます。オーダーカーテンになると、そのサイズに合わせて一から作らなくてはいけません。そのために、手間もかかりますよね。オーダーカーテンのほうが高い理由は、主に手間賃ではないでしょうか。製造する段階でかかる手間によって、カーテンの販売金額自体が高くなります。

それ以外にも、価格は使う素材によって変わることがあります。素材は既製カーテンだってオーダーカーテンだって同じなのに…と思うかもしれませんが、オーダーカーテンを注文する人は、いい素材を使うことが多いです。それが金額の差として価格が変わります。オーダーカーテンだし、せっかくだからいい素材のものを…と思って注文すると、自然と高くなってしまうでしょう。金額を重視する人は、既製カーテンでと思うかもしれませんが、やはりサイズがぴったりと合っていて、デザインも満足できるカーテンなら、ある程度の価格は必要です。事前にどの程度の金額にするか予算を決め、オーダーするといいですね。

性能

既製カーテンでも、ちゃんと性能が良いカーテンもたくさんあります。既製かオーダーかで品質や性能を分けるわけではないですが、既製の場合は本当に必要最小限の性能だけ、ということも多いです。オーダーカーテンであれば、1から全部自分の好み通りでもOKです。性能が良くないと、せっかく買ったカーテンも使わなくなってしまいます。そうならないように、性能は確かめて購入してくださいね。

使いやすさ

家の窓にフィットするものを探せるオーダーカーテンのほうが、既製カーテンよりも使いやすさは上回ります。使いやすさは、サイズや性能などで決まりますよね。そういったことまでちゃんとフィットするように調整してカーテンを作っているので、使いやすさは抜群といえるでしょう。

デザイン、素材

カーテンは、イメージを大きく変えてしまうアイテムです。家の中で占める面積は、ほかのインテリアと比べても大きいですよね。カーテンはどんな色でもいい、どんな柄でもいい、と思うかもしれませんが、適当に選んで後悔したなんて声をよく聞きます。

既製カーテンの場合、製造されている中から選ぶしかないので、選択肢に限りがあります。でも、オーダーカーテンならどうでしょうか?生地から選んでカーテンにしてもらえます。デザインだけじゃなくて素材も選ぶことができるのがオーダーカーテンです。

オーダーカーテンなら通販が便利

カーテン選びがじっくりできる

カーテン選びって、買おうと思ってお店に行っても、結局迷ってしまいますよね。なかなか店頭では決めづらいものですが、通販なら自宅でじっくりと考えてもOKです。店員さんから声をかけられるとなかなか落ち着いてみることができない…という人にも通販はおすすめ。お店だと滞在しすぎるのも迷惑な気がしてしまってゆっくり選べない、という人にもいいですね。

正確なサイズのカーテンが探せる

カーテンはサイズが大事、と何度も言ってきました。でもカーテンのサイズ選びって意外と難しいものです。正確に測ったつもりだったのに、いざ買おうとなるとサイズがあっているか心配になってしまいます。

サイズ選びがじっくりできる通販のほうが探しやすいですね。

自分の理想通りのカーテンが見つかる

せっかくだからカーテンは自分が思い描いている通りのものを…と思いますよね。おーだカーテンならかないます。通販のほうがさらにおすすめ。店頭では飾り切れなかったカーテンもあるので、実は店頭では選択肢が狭くなってしまいます。ネットならスペースに限界もないため、いろいろなカーテンを作っているという業者はとても多いです。

質の良いものを見つけられる

通販と聞くと、直接目で見て品質がわからないし、心配…そう感じる人もいるかもしれません。買って届いてみたら、失敗…そんな不安はありますよね。でもネットだからこそ、質の良いものを扱っているお店も多いはずです。

もちろん安くて質が良くないものを売っているお店もありますし、その辺りはネットでも同様です。店頭だから良いものが売っているかどうかはわかりません。でも、お店だといくつも販売しているお店を回ることができず、結局比較できないまま決めてしまう人が多いです。通販ならちゃんと比較できますよね。手に取って見ることはできませんが、商品情報でどの程度の性能なのか、しっかりと見ながら選ぶといいですね。

通販で節電カーテンを探す場合も、ちゃんと質が良くてこだわりぬいたものを売っている通販を見つけましょう。

電気代は生活に必要なものだし、快適に過ごすため…と思えばある程度の出費は仕方がないと思うかもしれませんが、工夫次第で十分節電ができます。

オーダーカーテンならこちら→

あなたにおすすめのカーテンショップは?